#15 函館氷の世界

ペリー提督の黒船来航をきっかけに、約二百年続いた鎖国が解かれ諸外国に向けて最初に開放された港のひとつが、ここ函館でした。江戸時代末から明治時代中ころまでの函館は、バラエティに富んだ文明や文化が行き交う先端的な街だったはずです。 そんな時代背景のなかで、明治時代初頭から大正時代にかけて、函館の名産品となったのが「氷」です。
初回放送:2018年3月

#14 木古内 寒中みそぎ

行修者と呼ばれる4人の若者が、その年の豊作と豊漁を願って神事に望む木古内町の寒中みそぎ。佐女川神社にこもり、昼夜問わず冷水で何度も自身の身体を潔め、別当・稲荷・山の神・弁財天の4体の御神体を抱き、厳寒の津軽海峡に飛び込む伝統行事です。 故郷の繁栄を願い、1831年から続く伝統を引き継ぐ若者たちの姿をカメラが追いました。
初回放送:2018年2月

#13 木彫り熊のふるさと 八雲町

かつてはどこの家の玄関や床の間の上に、木彫りの熊が飾られていたような気がしませんか?今も北海道みやげを代表する木彫り熊ですが、その発祥や生い立ちにはどんな歴史があったのでしょうか。最近何かと再評価されている木彫り熊。今回はそのルーツを求めて八雲町を訪れました。
初回放送:2017年12月

#12 下を向いて歩こう

ふだん見慣れているはずの路上物件に目を向けてみる「下を向いて歩こう」シリーズ第1弾。いまや定番ともなったカラーマンホールから、「国内現役最古」の可能性もある明治時代のマンホールの蓋まで、今回は足もとの芸術とも言われるマンホールに注目。もっとも身近で、まったく知らない、そんな地下世界への入口にご案内いたします。
初回放送:2017年11月

#11 愛すべき。道南・函館弁

普段聞き慣れている函館弁や、あまり聞いたことのない道南・函館弁の由来、面白さなど、地域の無形資産である方言の魅力を、がっぱり!?のっこり!紹介します。
初回放送:2017年10月

#10 酒と人と奥尻で。

かつて禁酒令が出された奥尻島。それは不漁にあえぐ島人を救うための窮余の一策でした。そんな歴史を持つ奥尻島から、近年「酒」をめぐる話題が数多く発信されています。道産ワインの一角を占めて全国的な評価も高まっている奥尻ワイン、離島の米と水で醸造した奥尻の純米酒、そして町を挙げての乾杯条例。禁酒令の目的に「島の経済の立て直し」があったように、ワインづくりには「震災復興と町づくり」、日本酒づくりには「離島の米づくりと水資源の評価」など、グラスやお猪口には収まらない話題と思いがあふれています。
初回放送:2017年9月

#09 どっちのロードdeしょう~?

移住者はもちろん、地元民でも走りにくいと感じている函館の複雑な道路。電車道路は1車線なのか2車線なのか?函館の交差点は5差路が多い?など、色々な交差点や道に触れ、複雑になった道路の歴史を紹介します。
初回放送:2017年6月

#08 なぜうまい 函館の水

函館人にとって水道のうまさは自慢のひとつです。ではなぜ、函館の水はうまいのか。北海道で最初に作られた函館水道の歴史にふれながら、ふるさとの水の秘密を解き明かします。
初回放送:2017年5月

#07 函館の都市伝説を探れ

漁火通り沿いの啄木像の頭の上には雪がどんなに降っても積もらない? ネットでも話題になった? 西部地区の車両駐車。いまや函館の伝説ともいえるパチンコ店など、NCVが勝手に選んだ函館の都市伝説を紹介します。
初回放送:2017年4月

#06 思い出の校歌を訪ねて

小学校や中学校の校歌を覚えていますか?歌えなくても歌詞の一節くらいはかすかに記憶が残っているものです。函館市内の学校の校歌を並べて比べてみると、ある傾向が見えてきます。
初回放送:2017年3月

#05 函館のなぜ?

「中華まんじゅう」は中華料理ではない。「番茶」に塩を入れて飲むなど、世間一般の常識から離れても函館では常識といわれているテーマを、なぜ?の視点から掘り下げます。
初回放送:2017年2月

#04 函館とストーブ

国産ストーブ発祥の地といわれる函館で、60年にわたり薪ストーブを作る山下泰さん。鋳物ストーブを伝え残そうと、「タコストーブ再生プロジェクト」 を立ち上げた鋳造用木型職人の上野山 隆一さんをご紹介します。
初回放送:2017年1月

#03 SL公園の謎を解く

函館市本通2丁目にある本通公園の一角に、蒸気機関車(D51・デゴイチ)が展示されていました。当時、子どもたちは「SL公園」と通称して親しまれていた存在ですが、いつのまにか姿を消していました。あのSLはどこに行ったのでしょうか。今回は函館にあったSLの謎を解きます。
初回放送:2016年10月

#02 函館ステップ

今回は、40年ほど前から市内でゆるく長~く親しまれてきた「函館ステップ」を紹介します。ちなみに歌の方ではありません。ディスコステップです。
初回放送:2016年9月

#01 珈琲の薫るまち

函館と珈琲の歴史は、箱館奉⾏が薬として使わせたのが事始め。函館が開港都市として発展していくなか、「珈琲」は憧れの対象である西洋文化の一つとして市民に受け入れられ「ハイカラ」や「モダン」の象徴として街に浸透していくことになる。
初回放送:2016年6月