• NCVニュース
  • 取材日 2019年7月30日

縄文遺跡群が世界文化遺産推薦候補に

国の文化審議会世界文化遺産部会は7月30日、2021年に世界文化遺産登録を目指す国内候補として、函館市の大船、垣ノ島遺跡を含む「北海道・北東北の縄文遺跡群」を推薦すると決定した。「北海道・北東北の縄文遺跡群」は、函館市の大船遺跡、垣ノ島遺跡を含む道内6遺跡と、青森県8遺跡、岩手県1遺跡、秋田県2遺跡の合わせて17遺跡を構成資産とする。このあと縄文文化遺跡群は、国のユネスコへの推薦書を提出するなどし、早ければ2021年に世界文化遺産登録を目指す。

関連情報Related Information

  • インターネットで今すぐ申し込む
  • お客様に最適な料金プランを診断する:料金シミュレーションはこちら
TOPへ